ホリデイ・トレッキング・クラブ
メンバー紹介
エヴァマリア
4/29 10:00-11:30

【Triyoga Flow/トゥリヨガ・フロー】
 
Tri Yoga( トゥリヨガ ) の名前の由来は Trinity Yoga
アーサナ・呼吸法・ムドラを大切にしている三位一体のヨガです。
 
「フローの芸術と科学」と言われる美しいフローは心と身体すべてが美しいハーモニーを奏でます。谷間を流れる水、大地を駆け巡る風、空へとのぼる炎のようななめらかで継ぎ目のないアーサナ。
ゆったりとした呼吸とともに丁寧に繰り返される動きは、意識を身体の内側の微細なところ へと導き、今の自分の状態、偏りや弱さ、強さなどに自然と気づくことが出来ます。
 
同じアーサナ、ヨガフローを繰り返し繰り返 し行うことによって土台をしっかりと作り、そこにひとつ一つ積み重ねていくことで、無理なく自然な形で自分自身の中に育まれ、しなやかな体幹の力強さと柔軟さを身につけることができます。
自身のエネルギーを隅々まで感じる事により、次第に心は内側へと深まり、いつしかリラックスした瞑想へと入っていきます。
 
ヨガ初心者の方から上級者の方まで、全てレベルの人がはじめやすく、それぞれの人にその時々に必要な気づきと成長を与えてくれます。
ぜひ、 Tri Yoga Flow を体験してみてください。

4/30 8:30-10:00

【Salutation Flow-サリュテーションフロー】
 
ヨガのプラクティスをされている方の多くに馴染みあ る、スーリヤ・ナマスカーラの太陽礼拝シリーズのポーズ。 TriYoga の伝統ではたくさんの種類のサリュテーションのフローがあります。
このクラスではサリュテーションフローの中でまずは TriYoga の基礎のポーズを経験し、レベルを上げたポーズへと発展してゆきます。
ポーズをとることで気の流れ(プラーナのフロー)が活性と調和され、マインドと意識の調和ができます。身体は柔軟で強化されより繊細な意識が巡るでしょう。そしてポジティブでハッピーなマインドに気づくことができるでしょう。レベルに応じて芯(コア)を強化させることができます!
ヨガ初心者の方から上級者の方まで、全てレベルの人がはじめやすく、それぞれの人
にその時々に必要な気づきと成長を与えてくれます。
ぜひ、 Tri Yoga Flow を体験してみてください


キミ
4/30 12:30-14:00

【瞑想を究める 6つのポーズとシヴァ神のマントラ瞑想】

このクラスは、ハタヨーガの聖典に記載されたアーサナと共にシヴァ神のマントラ瞑想を深めるクラスです。
はじめに、瞑想を究めるコツと共に、ヨーガを創始したとされるシヴァ神の神話や様々な象徴、ヨーガの聖典に伝えられているアーサナを、お話を通して学びます。
その後、聖典の中から抜粋された6つのアーサナを、身体を効果的に開くポイントとエネルギーを感じるコツを掴みながら実践します。
アーサナのプラクティスの後は、ヨーガニドラーの深いリラクゼーションに身を包み、最後に、シヴァ神の簡単なマントラを使った瞑想を実践します。
適切な順序で整えられた心身にマントラの聖なる響きが広がり、普段よりも一歩深い瞑想を体験できることと思います。
 
お話
・    瞑想を究める為のポイント
・    シヴァ神の神話とその象徴の意味
実践
・    ハタ・ヨーガの聖典に記載された6つのアーサナ実践
・    マントラ瞑想
 
*    アーサナ、マントラ瞑想のコツを知りたい方はもちろん、あらゆるレベルの方におススメの内容です。


キムイヒャン
4/29 12:00-13:30

【プリヤビンヤサ:バカーサナからハンドスタンドまで続くアームバランス】

プリヤ(Priya)はwelcome(歓迎する)を意味します。
プリヤビンヤサはビンヤサの基本に充実しながらその流れは色んなヨガスタイルに対してオープンされています。
呼吸に合わせて動作に繋がるビンヤサとドリシュティ、ウジャイ呼吸とバンダの自然な完成、そしてアサナの修練は謙虚で単純だけどパワーフルに展開されるスタイルです。
プリヤビンヤサは色んなシーケンスで成り立ち、準備動作の太陽礼拝を始め、戦士シリーズ、バランスシリーズ、ガルダシリーズからハヌマンシリーズ、ガネーシャナマスカーラ、そして身体部位ごとに多様に接近可能なアサナシリーズで成り立ちます。
特にバカーサナを練習して繋がる多様なアームバランスなどを練習する授業になります。
全てのシーケンスはビンヤサ修練をされている皆様や指導される皆さまに多くのひらめきを与え自分と他者、自然と全てがみんな一つsに繋がっている事実を修練の間に気付くことを助け、力と自覚が決要する経験をすることでしょう。


クランティ
4/29 16:00-17:30

【Slow Deep Stretch and Meditation】
 
ゆっくりと長くアーサナを保つこの魅力的な練習は、自身のアライメントを探っていき、身体の奥深いところまで広げ、開放していく時間となるでしょう。
また、瞑想の練習に向け、座位の姿勢を整えるために、主に股関節に働きかけるアーサナに焦点を当てていきます。
このゆったりとした陰 (Yin) 的な練習は、よりダイナミックな陽 (Yang) 的なスタイルのヨガに慣れている方にとって、とても相補的な練習になります。

4/30 8:30-10:00

【Ashtanga Yoga and the softness within】

このクラスでは、主にアシュタンガヨガの練習方式の特徴となる自然な呼吸と動きの繋がりであるヴィンヤサシステムの重要性に焦点を置いていきます。
心地のよいペースで、伝統的なシークエンス(アーサナの順序)に基づき、 この
古来から続く、神聖で効果的なヨガの練習方法の裏に隠された、
柔らかさをともに探求していきましょう。


小林愛
4/29 10:00-11:30

【Love Flow yoga】
 
ありのままの今の自分を
大切に愛することから全てが始まる
LOVE YOGA.
 
他の誰かに認められたり愛されたり、
必要とされる、評価される、何かを成し遂げる
到達することをゴールとしてヨガを深めていくと
途中で苦しくなったり、
自分に出会っていくことがヨガの目的であり
どんな状態であっても
常に自分自身が自分の一番の味方であり
今の自分を無意識に評価しないで受け止め
 
今回は身体もたくさん動かしていこうと思っています。
「型から入って心に至る』とは言っても
 
ポーズの外側の形や正確さに意識を全部向けるのではなく
ヨガのポーズを行っている時の自分の心の動きや身体の中の変化に意識を向け、
ポーズのキープ時間が短く流れるようにフローしながら呼吸と合わせて動いていきます。
 
硬い筋肉をほぐし血行を良くしてあげることで、
身体に溜まった老廃物などを排出し、
本来自分の持っている自己の治癒力を高め、心身のバランスを整えていく予定です。
 
やさしいフローで動いていくので
身体が硬い方もヨガ初めてばかりの方でも
経験者の方でも大歓迎なクラスです。


佐藤ベジ
4/29 18:00-19:30

【BORN TO YOG 雷(ベジダーマ)】

佐藤ベジとともにすごす、とっておきのヨガ遊びの時間です。序盤はじっくりほぐし、後半に向けて集中度と白熱度を高めていきます。倒立系への恐怖心は今日でおさらば。ヨギとしての生き方、逆立ちのコツ、ヨガを子供みたいに楽しむノリなどは、出すまいとしても溢れ出ることでしょう。さて以下は補足説明!
 
まず始めに、ワークショップの名称になっているBORN TO YOG(ボーン・トゥ・ヨグ)とは、NYの伝統的ある流派ダーマヨガを源流とする佐藤ベジ・朋によるオリジナルメソッドです。だいたい7割がたはダーマヨガ、それを元に3割程度、独自の考えや流れを盛り込んでいるイメージです。
それ以前に、そもそも非常に表現しずらいダーマヨガの特徴。でもだからこそ、NYに本部スタジオを構えるSri.Dharma Mitttra(ダーマヨガ創設者)の元に何度も何度も通い、そこにいる仲間と練習に励み、語らい、笑い合うことでしか体現することができない “スタイル” があります。
が、あえてそれらを言葉にするなら、
 
「独特な体の使い方」(頻繁に胸をオープンして、体を締めずに解放)
「逆立ち系ポーズの頻出」(さまざまなインバージョン系が随所に登場)
「ホールドが長い」(ちょっと痛い場所や挑戦的な姿勢で、長めにキープし自分の心身を観察)
「明るく賑やか」(ジョークはもちろん、雑談や笑い声が完全に肯定された賑やかな時間)
「とにかく上手くなる」(理屈でなくまずやってみることで、成長スピードは最速化)
 
要するにこれって、子供の遊び場。無邪気に、笑みをたやさず、大好きな友達と、でもやたら真剣に、時間を忘れ、我を忘れて、一心不乱にヨガに没頭する…
 
大人になるとまず先に気になることってありますよね?解剖学的なアプローチ、哲学的な到達地点、効率的に学びを進めるコツや秘訣などなど。この二人と遊ぶ際には、とりあえずそれらすべてを横に置き、このひと時を、ただ純粋にヨガを『楽しむ』ことだけに絞ってみましょう!勇気のいることです。慣れないことです。でもだからこそ。それ以外の結果は、意外なほど大きな収穫(気付き)とともに後から付いてくるかも知れません。
 
※ 当然のことながら、解剖学も哲学も非常に大切で、ヨガを深めるためには不可欠です。


佐藤朋
4/29 12:00-13:30

【BORN TO YOG 風(ともダーマ)】

佐藤朋とともにすごす、とっておきのヨガ遊びの時間です。ウォーミングアップ的な動きから入っていきますが、持ち前のテンポの良さで、いつのまにかあなたの知らないあなたに。美しく見える身のこなしや、片足バランスの奥義、女性がヨガに取り組む姿勢等は必ずお伝えできます。さて以下は補足説明!
 
まず始めに、ワークショップの名称になっているBORN TO YOG(ボーン・トゥ・ヨグ)とは、NYの伝統的ある流派ダーマヨガを源流とする佐藤ベジ・朋によるオリジナルメソッドです。だいたい7割がたはダーマヨガ、それを元に3割程度、独自の考えや流れを盛り込んでいるイメージです。
それ以前に、そもそも非常に表現しずらいダーマヨガの特徴。でもだからこそ、NYに本部スタジオを構えるSri.Dharma Mitttra(ダーマヨガ創設者)の元に何度も何度も通い、そこにいる仲間と練習に励み、語らい、笑い合うことでしか体現することができない “スタイル” があります。
が、あえてそれらを言葉にするなら、
 
「独特な体の使い方」(頻繁に胸をオープンして、体を締めずに解放)
「逆立ち系ポーズの頻出」(さまざまなインバージョン系が随所に登場)
「ホールドが長い」(ちょっと痛い場所や挑戦的な姿勢で、長めにキープし自分の心身を観察)
「明るく賑やか」(ジョークはもちろん、雑談や笑い声が完全に肯定された賑やかな時間)
「とにかく上手くなる」(理屈でなくまずやってみることで、成長スピードは最速化)
 
要するにこれって、子供の遊び場。無邪気に、笑みをたやさず、大好きな友達と、でもやたら真剣に、時間を忘れ、我を忘れて、一心不乱にヨガに没頭する…
 
大人になるとまず先に気になることってありますよね?解剖学的なアプローチ、哲学的な到達地点、効率的に学びを進めるコツや秘訣などなど。この二人と遊ぶ際には、とりあえずそれらすべてを横に置き、このひと時を、ただ純粋にヨガを『楽しむ』ことだけに絞ってみましょう!勇気のいることです。慣れないことです。でもだからこそ。それ以外の結果は、意外なほど大きな収穫(気付き)とともに後から付いてくるかも知れません。
 
※ 当然のことながら、解剖学も哲学も非常に大切で、ヨガを深めるためには不可欠です。


サントーシマ香
4/29 14:00-15:30

【ヨガニードラで繋がる心の平和】

ヨガニードラとは、スワミ・サッティヤナンダ師により伝えられる
寝転んだ姿勢で行なうガイドされた瞑想です。
休息の姿勢でインストラクションを聞きながら、身体の各部位に意識を向けていきます。
  目覚めと睡眠の間に訪れる、まどろむような心地よい状態に
意識を保ち、身体の各部分をゆるめましょう。
呼吸の流れを繊細に感じ、イメージングや
相反するエネルギーを統合する練習などを行ないます。
  ヨガニードラは慢性的な緊張をゆるめ、
少しの時間で深い安らぎをもたらすことから、
情報過多な現代社会を生きる私達にとって意義のあるツールであり、
自分の内側の世界に愛をむける慈しみのプラクティスでもあります。
  クラスでは、短いヨガニードラを体験した後に
積極的リラクセーションをとることの効用について
生理学やアーユルヴェーダの視点からお話しをします。
最後にもう一度別バージョンのヨガニードラで深いリラックス状態に入りましょう。
 
ヨガが初めての方、年配の方、自分に癒しが必要な方、
どんな方でもお越しください。

4/30 10:30-12:00

【ムーンサイクルヨガ】

ムーンサイクルヨガでは、生理学とアーユルヴェーダの視点から
動と静を交えたセラピー的なヨガを提案します。
 
命を育み、癒す、月のエナジー優勢の性である女性のリズムを尊重するように、
穏やかでヒーリング効果の高い練習を行いましょう。
 
骨盤域へのプラーナの巡りを整え、自律神経のバランスを整えるように
デザインされた繊細なヨガを通じて、身体の知性を目覚めさせましょう。
 
柔和なヨガが好きな方、女性のためのヨガに興味がある方に
特にオススメです。(女性限定)


島本麻衣子
4/29 18:00-19:30

【月は私の感情を表します】
(女性限定座学のクラス)※ヨガマット必要です

感情の変化は日々どうやって変わっていくのでしょう。 
月は、女性性、生活の習慣、感情、癖を表します。 
本日運行中の月は双子座。 
満ちていく月は4日目を運行しています。
季節や私達の体の気の流れを示す二十四節気は、穀雨の期間です。
それらの自然の動きは私たちの生活、感情、体とも関わりが深くあります。
月から私たちの内側の感情を紐解いていきます。 
 
そしてヨガ二ドラで思考を開き、豊かな感性を深め、
自分の内側 ある感情を素直に受け入れて行きましょう。

4/30 12:30-14:00

【月ヨガ 〜I feel〜】
(女性限定アーサナのクラス)

胸を開くポーズで自分自身を感じていきましょう。 
月礼拝をして月や自然との繋がり、自分との繋がりを感じていきます。
アーサナをすることで自分自身を客観視し、
どんな自分も素直に自分を受け入れることで、
魂が住む身体を 整え安定感をもたらしてい きます。  
そのベースとなるのは心を開くことから始まり、 続いて愛の循環 が行われます。
私の 身体が愛に満たされ 循環すると 、様々な感情のバランスが取れていきます。 


清水美早
4/29 14:00-15:30

【丁寧に生きる~豊かな人生への道~】
 
皆さんは、日頃、「丁寧に生きる」ということをどのくらい意識して生活をしていますか?
そんなことに想いを馳せたことはありますか?
現代に生きる私たちの多くは、心のスピードが常に速く、物質的な豊かさを感じている人の割合は増す一方、心の豊かさ ( 満足感 ) を感じている人は減少傾向にあると言われています。それがストレスの原因ともなり、心身の不調を招くことにつながります。
生きているのか …  生き延びているのか
  心ここにあらず」の状態で日々を送ってはいませんか?
  Yoga は、日々の生活を豊かに、人生をより充実したものにするための方法論。
  マットの外(暮らしの中)での Yoga の実践 …… それは日々、一瞬一瞬に心を込めて、丁寧に生きること。
  そしてマットの上での Yoga の実践も同じく、
  アーサナ ( ポーズ ) の形にこだわるのではなく、自分を身体の声に耳を傾けながら、丁寧に自分と向き合うということがなにより大切です。
  ❤︎ 豊かな人生=丁寧に生きること ❤︎
日々の暮らしに豊かさを取り戻すためには、丁寧な生き方を心がけること。
そう生きることこそが私たちの心を本当の意味で豊かにしてくれます。
  この講座では、
「一体何に対して丁寧に生きるのか」、「 Yoga の智慧を日々の暮らしの中に、そしてマットの上の練習にどう活かしていけばよいのか」を座学&実践を通して体感していきます。
生き急いでも、いいことはひとつもありません。
心のスピードを緩め、「丁寧に生きる」意識を持つことで、いつも見ていた景色がまた違った景色に見えてくることでしょう。


高尾美穂
4/30 12:30-14:00

【女性のエイジングに対してヨガができること】
(座学のクラス)※ヨガマット不要です

女性ホルモンについて知っておくべきこと
加齢によるからだの変化
女性ホルモンにまもられた40年
女性ホルモンのない40年
更年期なんてこわくない?
ホルモン治療ってどうなの?
女性のエイジングに対する向き合い方
エイジングへのヨガの取り入れ方

4/30 14:30-16:00

【月経周期における自律神経の変化を知る】
(座学のクラス)※ヨガマット不要です 

月経がおこるしくみをちゃんと知ろう
エストロゲンとプロゲステロン
基礎体温がスゴいわけ
自律神経を理解する
女性にとって理想的な自律神経のバランスとは?
2つの側面から見る自律神経の状態
自律神経を味方につけるとコントロールできること
月経周期と自律神経
ヨガを自律神経コントロールに対応させる実践的方法


友永乾史
4/29 18:00-19:30

【アーサナ&瞑想で心の平和のしくみを探ろう】 
 
シバナンダアシュラムのスワミジは、
「心の平和はあなたの生まれながらの権利だ」とおっしゃいますが、
それは本当なのでしょうか?
 
でも、朝起きて、夜寝るまで、私たちの心はずっと何かを求めて、
いつも揺れ動き、静まる暇がないような気がして、
心の平和なんてとても無理と思ってしまいます。
 
スワミジたちによれば、
「心とはそういうもの」、それをまずは認めることが必要だそうです。
 
では、それを認めたうえで、アーサナとプラーナヤーマ、
瞑想を交えて、心の平和の達成を皆さんでチャレンジしてみましょう。
 


のままりこ
4/30 08:30-10:00

【カラダ・呼吸・ココロに働きかける4つの方法】
(座学のクラス)※ヨガマット不要です

ヨーガ療法は、伝統的なヨーガを科学的な研究をもとに応用したオーダーメイドのヨーガです。
日々の生活の中で、ストレスを感じない人はいないでしょう。
ヨーガ療法は、「いまここ」のカラダや呼吸を感じ取りながら、ストレスの軽減をしていきます。
ヨーガ療法を繰り返し行うことで、自分の健康管理をする力が身に付きます。
日々の暮らしに役立つヨーガの4つの方法をお伝えします。


パクヒキ
4/29 10:00-11:30

【ジヴァムクティヨガ~女性性のエネルギーを高める女神のフロー】
 
ヨガを学んでいるとよく耳にするのが、肉体と精神・自分と周りを繋ぎ影響し合う7つの‘エネルギーの '出入り口’ = 'Chakra チャクラ'。
それぞれのチャクラには役割がありますが、大きく二つに分けると 'Feminity 女性性' と'Masculinity 男性性'のエネルギーを司るという役割があります。
7個あるのチャクラの中で、1・3・5番目のチャクラは'Masculinity 男性性'のエネルギー又は'陽'のエネルギーを、2・4・6番目のチャクラは 'Feminity 女性性' 又は'陰’のエネルギーを司り影響すると伝わっております。
今回のジヴァムクティヨガのクラスでは、特に 'Feminity 女性性'のエネルギーを調和に導く2・4・6番目のチャクラにフォーカスしたアーサナ(ヴィンヤサフロー、ヒップオープニング、前屈、後屈)と座学、プラナヤマ、マントラのチャンティングを行っていきます。
2・4・6番目のチャクラの調和・不調和は実は単純な女子力のUP以上の、修練する人の直感力・繊細さ・寛容・愛・優美さ・柔軟さに深く関わると伝わります。
 
クラスは、女性性を高めるアロマの香りに包まれながら、ハートのチャクラを柔らかくし開く準備をするマントラのチャンティングで始まります。B
GMはチェロの音源をベースにクラシックからポップス・ロックまでセンスよくシーケンスに合わせて用意します。
人間の声に最も近い弦楽器であり、その形も女性のカラダのラインから由来し、その音の周波数は人の心を深く落ち着かせると言われているチェロ。
そのチェロの曲にジヴァムクティヨガのシーケンスをスムーズにシンクロできるよう、初心者でも集中力が途切れること無くついていけるように優しいバージョンにアレンジしました。
流れの中でも2・4・6番目のチャクラのエネルギーを調和に導くアーサナたちを一つ一つ意識しながら丁寧に、でも、流れを崩す事なく取って行く中で分かりやすいチャクラの座学を一緒に学べる形で行われます。最後は第1チャクラから第7チャクラを意識しながら行うチャクラ瞑想で陰と陽のエネルギーの完全な調和を目指します。
 
対 象:
ヨガの初心者、指導者、真剣にヨガとチャクラの事を学びたい方、女性性のエネルギーを目覚めさせ女子力を磨きたい方、直感力と繊細さを高めめまぐるしい現代の日常で日々起きる変化に順応したいと願う男性の皆様も歓迎いたします。ヨガ歴やジヴァムクティヨガの経験あり・なしは全く問いません。
必要なのはOPEN HEARTだけですよ♡


ひかる
4/29 16:00-17:30

【ヨガ練習者のためのアーユルヴェーダ~活力を手に入れる有益な暮らし方~】
(座学のクラス)※ヨガマット不要です

忙しい日常生活の中で自分の活力を実感できるときもありますが、それを持続させるのは難しく、活力がなかなか湧かないときすらあります。
 私達をサポートする自然界にはリズムがあります。そして自然の一員である私たちの中にもリズムがあります。 体力 一つをとってみても、たとえ健康な時でさえ、一日、一年、一生の中で増減がありますから、不調の時はなおさらです。
 ヨガと姉妹関係にあると言われるアーユルヴェーダの叡智から、日常生活の中で早速実践できることを中心に、活力を手に入れ、さらに持続させるために、有益な暮らし方、食事のとり方学びます。
 健康に興味のある方、ヨガをすでに練習している方にはもちろんのこと、これからヨガを始めたいと思っている方にもおすすめします。

4/30 10:30-12:00

【シヴァナンダヨガ完全実践クラス】

忙しい毎日を過ごしていると、仕事や家族、友人関係を優先し、ついつい自分のことは後回しにしてしまいがちです。時には勇気を出して一度立ち止まり、乾燥した肌をケアするように、疲れた心にクリームを塗ることも大切です。
現代ヨガの父と呼ばれるスワミ・シヴァナンダ先生の愛弟子スワミ・ヴィシュヌ先によって作られたこのシステムは、忙しい現代社会を生き抜く人々が、前向きで健康的な生活を送れるように改良されたものです。
日曜日の朝に、マントラと呼吸法で心を穏やかにし、ポーズで体の緊張や疲れをとり、クラスの終わりの方ではガイド付きの瞑想をします。私たちひとりひとりが持ち合わせている本来の自分に向き合い、日常生活の中で充分に本領が発揮できるようになることを目指します。
 全てのレベルの方におすすめのクラスです。


酒造博明
4/29 14:00-15:30

【3 ヶ月で確実に生徒が増えるヨガクラス作り】
(座学のクラス)※ヨガマット不要です

ヨガインストラクター、またはヨガスタジオオーナーさんから一番多く頂くお悩み相談。
それが 生徒が増えない、リピートしない …” という事。そんな悩みがたった数か月で解決し、
みるみるご自分のクラスに生徒が増えていく そんな方法があるとしたら?
 
一生懸命色々なワークショップに出てヨガを勉強し、
毎日セルフプラクティスもしているのに、なぜ生徒が増えないの!?
たしかに、その気持もわかります。
 
ですが、目の前の生徒は先生(自分)のどこを見て?何を感じ?
なぜその先生のクラスにまた通おうと思っているのか、真剣に考えた事はありますか?
 
この講座では私自身が 12 年間ヨガ業界の現場に立ち、
また日本全国のヨガ指導者やヨガ関係者の話を見聞きしてきた真実を、
わかりやすく、そしてできれば面白く !? お伝えしたいと思います。
 
ヨガ指導者の皆さんの中にある 想いや情熱 を目の前の生徒に 伝える 事を一緒に学んでみませんか?
 
ヨガ指導者の皆様、これからヨガ指導者を目指される方、またはスタジオオーナー様など、
たくさんのご参加をお待ちしております。


向井田みお
4/29 12:00-13:30

【ハタヨーガの伝統と呼吸法&瞑想】
(座学のクラス)※ヨガマット必要です。

2016 7 月から 2017 4 月、インドのカイヴァリヤダーマ・ヨーガ研究所に伝統的なハタヨーガを学ぶため、約 1 年留学しました。そこでの学びをお伝えしながら、
体を動かし、気を整え、心を静め、瞑想を深めるためのメソッドである“ハタヨーガ”の伝統や経典について、まとめて一緒に学び、実践したいと思います。
ストレスに影響されることなく、健康と調和が保たれた体を維持し、
心を穏やかに、感覚を繊細に研ぎ澄ませることができるという伝統的な YOGA のメソッドとそのメカニズムを確認し、 YOGA で最大限のメリットを日常に生かす方法をみていきましょう。
  中世から伝わるハタヨーガは、 1930 年代から、インドを中心に科学的に効果を確かめる努力が進められてきました。その礎になったのが、カイヴァリヤダーマ・ヨーガ研究所です。そこでは、現代でも本当に効果のある確かな YOGA の方法が伝えられています。
本来の YOGA は、無理なく自分のペースで実践でき、
内側の感覚と体験を大事に、心身を健やかに保つ知恵です。
他人と比べることなく、
自分の感性を意識し、
苦悩と迷いのない自分を生きるための YOGA を実践しましょう。
明日から活用できるインドの伝統的な方法をお伝えできればと思います。
初めに簡単にハタヨーガの経典から、 YOGA のコンセプトを学び、
クラスの最後には、ストレスレベルを下げ、体と心に深いくつろぎを与える呼吸法と瞑想を実践いたします。
 

4/30 10:30-12:00

【YOGA 経典をまとめて理解】
(座学のクラス)※ヨガマット必要です

『ヨーガスートラ』、『バガヴァッドギーター』、『ウパニシャッド』。
YOGA にまつわる大事な古典テキストです。
このクラスでは、それぞれのテキストの構造、エッセンス、役割、意味を理解しながら、 3 つのテキストの関係性を見ていきたいと思います。 3 つのテキストを同時に、俯瞰しながら学ぶことによって、これからどんな風に自分の YOGA を深め、何をどのように学び、 YOGA をどうやって自分の生活に役立てたらいいのか?
これらのポイントが、はっきりすると思われます。
YOGA に迷わず、 YOGA に生きるために、簡単にまとめてみていきましょう。
インドの YOGA 経典が、私たちに教えてくれてることは 1 つです。   それは、“苦悩から自由に、今の自分を爽やかに生きるにはどうしたらいいのか?”
ということです。
周りにいる人たち、環境、自然と調和しながら明るく今この瞬間を生きるための知恵を経典は教えてくれています。
やさしく簡単にエッセンスを掴み、
私たちの日常生活に、古代の知恵を生かすための学びをくみ取っていきたいと思います。
 
短い時間で、経典をまとめてみることで、マインドマップが頭に描かれ、今後学びを深めやすくなると思います。
今まで経典を学んでこられてきた方にはまとめとして、
これから経典を学んでみたいという方には、初めに全体像をつかむことを目的として、
YOGA の背景にある思想を理解し、楽しく正しく YOGA を続けるために、
一緒に学んでいきましょう。


よっしぃ
4/30 14:30-16:00

【音(ナーダ)ヨーガ】

クラス内容;シンギングボウル、音叉、ティンシャ、カリンバ、コシベルなど、さまざまな楽器を使っての「音霊(おとだま)」演奏と瞑想的なインヨガを組み合わせ、響きのバイブレーションに身をゆだねましょう。
「音」をテーマに、ブラマリーのハミングで、空間全体を倍音に包んだり、ため息から始まる呼吸法とマントラを使って音を奏で、チャクラを活性化させ、響く呼吸と声と身体を作ります。
参加したみんなが一つになり、空間と一つになるクラスです。
ヨーガ初心者、体力のない方、インヨガ初心者の方にも、分かりやすく、くつろいでご参加頂けます。


渡辺純子
4/29 16:00-17:30

【メディテーションのための陰ヨガ】
 
陰ヨガの特徴は、静止をしながら、数分間ポーズをとることです。動きがないヨガであることが、陰ヨガの大きな特徴ですが、この 何もしない という行為が座るメディテーションの準備になります。
 
また、私の陰ヨガは、できるだけその流れ(シークエンス)の中に、陽の要素を小さくしていき、陰(いん)の局に向かっていくことをします。「陰が極まれば、陽に転じる」という陰陽理論に基づいているためです。実際、このセオリーが、メディテーションを行うにはとても大切なキーとなります。                                  この陰ヨガで培うことができる肉体的なグラウンディング感を得ることは、質の良いメディテーションを行うための最初の第1歩です。特に、メディテーションの初心者さんには、座れる体づくりに陰ヨガをおすすめしたいです。体が自然にグラウンディングすることにより、メディテーションの基本である「今ここに在ること」をスタートさせてくれます。
 
メディテーションをしている方、これから始めたい方やいずれやってみたいと考えている方におすすめの講座です。

4/30 14:30-16:00

【ハートを開くための陰のセオリー】
 
陰ヨガが与えてくれる効果の一つは、 空間(スペース) です。
肉体的には、関節の柔軟性を高めることをします。精神的には、緊張をほどいて落ち着きや平穏さを取り戻す空間を与えてくれます。また、心身が緩むことで、呼吸が自由になるスペースができ、心と体の調和が取れてきます。陰ヨガは、自分が自分らしくなれる空間を与えてくれます。
 
現代社会に忙しく生きる人は、自分の内側の空間に目を向ける時間がないことから、心身のバランスが悪く心身が繋がっていない人が少なくないように思います。従って、ハートが閉じてしまっている人も少なくありません。
 
空間が出来るためのキーワードは、グラウンディング感です。心と体の調和が取れたとき、私たちはある種のグラウンディング感を得ます。主に、肉体(特に下半身)から発生する感覚ですが、大地の上に力強く根付き、ある種の勇気を与えてくれます。陰ヨガから得られるリラックス感覚は、このグラウンディング感が土台となっています。すると、自然にハートが開く準備が整ってきます。
 
私たちは、地の上に生きている以上、ヨガをしている時も、日常生活においても、土台となる陰のセオリーは少なからず感じています。陰ヨガのプラクティスを通して、ハートを開くとういことを感じてみませんか。


あなたも参加しませんか?
こんなメンバーです