Teachers of Hiroshima Yoga Peace'16

01.png



24.jpg


HOME > Teachers

イ・ワヤン・リンゲン I Wayan Linggen

リンゲン.jpgワヤン・リンゲンは、バリ島のスピリチュアルマスターでありカリスマヒーラー クトゥ・アルサナ氏の愛弟子にして、国際的に活躍するヨガインストラクター・ヒーリングセラピストです。ワヤン・リンゲン氏は、20歳の若さでその才能を見出させてアルサナ氏の弟子となり、マッサージの技術、クンダリーニ・タントラ・ヨガを伝授され、スピリチュアルな才能を開花させて行きました。精神的な規律を守りながらアシュラムで修行の日々を送るリンゲン氏が、これまでの学び・経験を共有します。

4月23日(土)12:00-13:30

バリ島式クンダリ―ニ・タントラ・ヨガ:
“心の浄化で真の自分とつながる

クンダリーニ・タントラ・ヨガは、バリ島の世界的に有名な、カリスマヒーラー、クトゥ・アルサナ氏によって開発された、ヒーリングヨガです。呼吸法と動きを連動させることによって、短時間でエネルギーの循環を効率的に促し、活性化させていきます。日本では、クンダリーニ・タントラ・ヨガを体験できる場所はほとんどない中、アルサナ氏の愛弟子である、ヨガマスター/ヒーラー・セラピストであるワヤン・リンゲン氏が、私たちの心と体に浄化をもたらし、エネルギーポイントを目覚めさせます。


加藤 貴昭

加藤貴昭.JPG広島県東広島市出身。「加藤カイロプラクティック整体院」/「SKYFLOW YOGA」代表
幼少のころより、指圧師の祖父から治療家としての心構えや技術を習う。少林寺拳法の名門「広島城北高校」に進学、拳法部に所属し県代表選手として全国大会出場。高校卒業後は本場の武術と東洋医学を学ぶ為、中国「上海体育学院」に留学(1996-1999)。上海体育学院で中国伝統武術・中医学理論を学び、大学付属病院「上海上体傷骨科医院」で中医学研修を受ける。
日本に帰国後、武術を実践で磨くため格闘技の選手として活動しながら、陸上自衛隊基地内の徒手治療部門「ホワイトホース」代表・竹内利雪氏に弟子入りし、「カイロプラクティック・オステオパシー・クラニオセイクラルセラピー」等の手技療法を学ぶ。
格闘技練習中のアクシデ ントによる急激な視力低下に見舞われるが、セルフケアとして取り入れたヨガ&ルーシーダットンにより回復する。そのことがきっかけとなり格闘技生活を引退し、本格的にヨガの道に進むことを決意。
2006年 本場のタイ古式マッサージとルーシーダットンを学ぶ為、度々タイに渡り数々のディプロマを習得。
2008年 ルーシーダットン正式指導者の認定を受ける(国内で4名)。
現在は「加藤カイロプラクティック整体院」/「SKYFLOW YOGA」代表として、心とカラダ両面の健康普及活動に勤しんでいる。

4月24日(日)11:00-12:30

ルーシーダットン・セルフヒーリング

カラダのエネルギーバランスを整える「ルーシーダットン」のセルフヒーリング法を学び、日々の生活の質・ヨガ練習の質を高めてゆきましょう!前半はカラダの詰まりを解消「リンパ液・血液・脳脊髄液」の循環を活発化させるポーズでリラックスし、後半はカラダの「SEN(セン=経絡)」を流れるエネルギーをアクティブにするポーズをご紹介いたします。

「ルーシーダットン」を直訳すると「自分を整える仙人体操」という意味を表します(ルーシーは、タイ語で「仙人」という意味で、リシ「聖仙」を語源にしています)。ルーシーダットンは、ハーブセラピーやタイ古式マッサージと並び「タイ国保健省」により正式に認められた伝統医学です。ブッダの主治医を長年務め、晩年はタイに移住したシヴァカ師(世界最古の医学「アーユルヴェーダ」の第一人者)によってタイに伝えられ、今日まで綿々と伝承されてきたと考えられています。山奥にこもり何日も同じ姿勢で座り続けて瞑想を行うルーシー(仙人)達が、痛めたり偏ってしまった自らのカラダを癒す為に使われていたヒーリング法といわれています。


KIM I HYUN キム イヒャン

イヒャン・キム先生4301.jpgヨガは学ぶ事ではなく悟る事だ’.ヨガ修練とは常に我々が生きていく方法と密接な関係を持っていると言う事実、そしてヨガは経験することでありヨガの意味について考えることでは無いと言う自覚を持ってヨガクーラの中でヨガ人達の共同体を作っている。ヨガクーラ共同体を通して仲間たちと一緒に韓国でグローバルヨガマーラプロジェクトイベントを毎年進行し、ヨガ修練者たちが一つに繋がることを希望し平和なエネルギーを集め、2011年から韓国最大のヨガイベントであるコリアヨガカンファレンスを主催して韓国のヨガコミュニティと世界のヨガコミュニティを繋げることに努力している。2003年より毎年インドをはじめ、香港、バリなどを旅行し、多くの師匠と友達と修練して勉強して得たインスピレーションとエネルギーよりプリヤ・ヴィンヤサヨガのスタイルを作り、ワークショップや指導者教育をしている。2014年よりヨガジャーナル韓国版の発行人を努めている。
プリヤPriyaはwelcome(優しく迎える、歓迎する)を意味する。プリヤヴィンヤサはヴィンヤサの基本に充実しながら流れは様々なヨガスタイルにオープンである。呼吸と動作が繋がるヴィンヤサとドリシュティ、ウジャイ呼吸とバンダの自然な完成、そしてアサナ修練は謙虚で単純だがパワフルに展開されるスタイルである。 プリヤヴィンヤサは様々なシーケンスで構成されており、準備動作のスーリヤナマスカーラを始め戦士シリーズ、バランスシリーズ、ガルダシリーズからハヌマンシリーズ、ガネ者ナマスカーラ、そして身体部位ごとに多様に接近できるアサナのシリーズ達で構成される。

4月23日(土)14:00-15:30

パドマーサナから飛んでみよう

ベーシックプリヤビンヤサシーケンスを中心に、基本的だけど、人々が難しがるパドマーサナを作っていく過程を練習して色んな方法を通してパドマーサナを完成させて、最後にはバンダを利用して身体を持ち上げ飛んでみる方法に付いて授業を進行させます。パドバーサナで前屈をし、肝を刺激し活性化させ、この授業は初心者と熟練者皆様が参加できプリヤヴィンヤサの様々なシーケンスで構成されています。


ケン・ハラクマ

ケンハラクマ.JPGインターナショナルヨガセンター(IYC)、アシュタンガヨガジャパン(AYJ)主宰
21年前に東京にインターナショナルヨガセンターを開校。以来3000人以上がヨガ指導者コースを受講。
現代の日本のヨガ第一人者として、国内外での指導者養成コース、ワークショップ、ヨガイベント開催他、
企業へのヨガコンサルタント、著名人とのヨガコラボレーションや、ヨガプログラムの開発等、幅広くヨガの
健全な普及活動を行う。日本最大のヨガイベント、ヨガフェスタ(yogafest.jp)発起人の一人。2015年9月に
IYC表参道スタジオを新たにオープン。初めて日本人でアシュタンガヨガの正式指導資格を取得。アシュタンガヨガ、
アイアンガーヨガ、ハタヨガ、ラージャヨガ、リストラティブヨガ他様々なヨガの経験を生かして、オリジナル
ヨガプログラムの開発とヨガプログラムの監修を手がける。www.iyc.jp http://kenyoga.blogspot.jp  

4月24日(日)13:00-14:30

誰でも出来る楽しいアシュタンガヨガプライマリー

アシュタンガヨガが初めての方から、レギュラーに練習をしている方まで、楽しみながらヨガを深める事ができるクラスです。
ケンハラクマの親切なガイドで、アシュタンガヨガのプライマリーシリーズを練習して行きます。呼吸とポーズを連動させて
行う、ダイナミックで流れる様なヨガの練習方法で体力増強、柔軟性の強化及びバランス感覚を養う事が出来ます。
気持ち良く呼吸をして、無理なくポーズを取る事で代謝を改善し、消化機能を活性化させると共に、余分な脂肪を燃焼させる
ので、ダイエットに最適です。クラス後はストレス解消と前向き思考に抜群な効果を感じてください。レベルに関係なくどなた
でもご参加できます。

4月24日(日)15:00-16:30

ケン ハラクマ先生と吉川めい先生のコラボクラス!
太陽礼拝と呼吸と瞑想のワークショップ

万人に適す最も素晴らしいヨガポーズと言えば、太陽礼拝。このクラスでは、誰もができる、太陽礼拝のシンプルな流れを改めて詳しく紐解き、心地良くプラクティスできるようフォーカスします。たくさんのポーズ数をこなさなくても、じっくり深く、意識・呼吸・動作を一致させることで、まったくの初心者~経験者まで、静かで充実したヨガの体験を実感できるでしょう。
その後はケン先生による呼吸法の実践で、ヨガ後に循環がよくなったおカラダの中を流れる気の巡りをさらに清め、整えていくことで、静かに仕上げの瞑想へと導きます。


小林 

小林愛.JPGヨガインストラクター、モデル
10代中頃からヨガ哲学に興味を持ち、20歳の時に
インドに行ったりヨガの世界の世界観に興味を持ちながらも
モデルの仕事がしたいと日本のタレント事務所を辞め、
NYのモデル事務所に。思いが強ければ叶うと思い込み、
過度なダイエットやプレッシャーの中、頑張るも20代中に体調を崩し
気持ちも折れかける。これではダメだとあらゆる代替医療など色々試み、
知識のヨガだけでなく、身体にも目を向け、鍼やマッサージや整体も通い続けていたが、
心の在り方と、他力ではなく、自分自身の身体を動かし自然治癒力を高めないとダメだと感じアーサナヨガ(身体を呼吸と共に動かすヨガ)を始め、ヨガ講師に。

2006年頃から全国でヨガクラスを開催するようになり、2008年には『ヨガでキレイLOVEYOGA』を出版。
企業広告の監修やモデル、地域イベント、講演など多数。
オリジナルヨガマットのプロデュース「マナマット」
月1回ペースで各地でヨガリトリートも多数開催してます。
ストイックにヨガの教えに執着しないで、緩めて楽しみながら、意識向けるとところには
意識を向け、無理のない持続範囲やれることをシェアしていけたらと思い日々クラスや講座を開催。

小林愛オフィシャルHP http://lovemana.net/

4月23日(土)10:00-11:30

愛花フローとダルマと呼吸の話

最初にダルマと呼吸の話を入れた後、骨ストレッチを少し入れ
心地よい音楽の中でリラックス。フローで身体の中のプラーナを活性化し流していきましょう。
話の内容含め、ストイックではなく、楽しく笑いを入れながら進めていく予定なので
ヨガ初心者の方も経験者の方も大歓迎です。

チャレンジが必要なポーズや柔軟性が沢山必要なポーズ等は今回含まれてなく、
話とやさしいフローで動いてココロと身体と呼吸を使って緩めて整えていきます。


阪崎 義勝

阪崎 義勝②.jpg国際薬膳師/全日本薬膳食医情報協会認定講師
EPoch 東洋医学課マネージャー
経絡ヨガ講師/リハヨガ講師
AFAA CEプロバイダー
budokon bluebelt teacher

学生時代から東洋哲学・医学を学び続け、IT、デザイン関係の会社に就職。
この時期の多忙な日々とストレスからか、30才になる頃に体重が90kgを超え100kgになった頃にヨガに出会い、ヨガやフィットネスを学び実践していき、東洋哲学と東洋医学の「全体をみる」「全ては繋がっている」ことの大切さに改めて気づき、ただ「痩せる」という結果だけではなく、こころとカラダのバランスを楽しくとることを更に学び実践していき現在の体重とスタイルになっています。

「全ては繋がっている」との考えから「あるがままで健康である」ことを、ヨガ、中医学、薬膳、心理学、神智学などを学び伝えている。
「気が巡れば元気になる」 「気が巡れば楽になる」
「なりたい綺麗な自分になる」を楽しく、心地よく歩んでいけるようにサポートするクラス、講座を開催しながら、後進育成活躍の場ともなる「Epoch 東洋医学課」を設立。

4月23日(土)16:00-17:30

初夏は気の滞りに注意

東洋医学(中医学)では、春の土用(2014年は4/16~5/4)から梅雨入りごろまでの時期は、「適応障害」いわゆる五月病と呼ばれる症状がおきやすくなります。
春は「肝」の働きが失調しやすい時期です。肝が失調すると気が伸びやかにバランスよく巡らなくなり、脇がつまり痛みを感じ、目が疲れやすくなり、血の巡りも滞り「心」に力を与えることができず「こころ」のバランスも乱れやすくなります。

経絡ヨガの簡単でわかりやすい6種類の基本アーサナ(ポーズ)で身体をゆるめ、気を巡らせ、初夏を心地よく楽しく過ごしてしていきましょう。
苦手なアーサナも、経絡ヨガで気の巡りを整え、身体をゆるめることで心地よく楽しんでいきます。
講座の後半では、セルフメンテナンスやリラクゼーションだけでなく、食や習慣などライフスタイルの改善にも繋がる「初夏の養生法」を東洋医学(中医学)と薬膳に基づいて行います。

簡単でわかりやすい経絡ヨガの基本6ポーズを楽しみながら経絡の流れを理解し、経絡を活かしたアジャスト、指導を用いたヨガクラスへと繋げて行います。
後半では初夏の養生法を中医学をもとに、セルフメンテナンスやリラクゼーション、ライフスタイル改善への活かし方を学んでいきます。
運動が久しぶり、ヨガが初めての方から、日々のヨガやスポーツなどに活かしたい方にと幅広く対応できるのが経絡ヨガの特徴です。
ヨガが久しぶり、初めての方も安心してご参加ください。


サダ・アナンド・シン・カルサ

サダクンダリー二.jpg医師を目指していた大学時代、腰を痛めた事をきっかけに、健康に気を使うべく医師の勧めでヨガに出会い、スワミ・サチ・ダナンダの指導の元でハタヨガを習い始める。
その時、自分の探し求めていたものを確信し、医者を目指す以上に自然療法の世界を探求したく、彼の元で2年間習得に励む。
その後、偶然にもクンダリーニヨガをアメリカに広めた人物、故ヨギ・バジャン師との出会いにより人生が大きく転換、これまでの生活スタイルが一転し、浄化される。
師の教えに衝撃や感銘を受け、アメリカ西海岸に点在するクンダリーニヨガ・アシュラムに滞在しながらヨガ的ライフスタイルを実行。15年間に及び修行、習得、指導に携わる。その後、1989年に来日。神戸に活動拠点を置く。
アーユルヴェディック処方に基づき製法されているハーブティー、「ヨギーティー(Yogi Tea)」の輸入業を営む傍ら、クンダリーニヨガを日本に広めるべく、クンダリーニヨガセンターを開設。
しかし、阪神淡路大震災で被災してしまい、同年、奈良、生駒山の国際ヨガ協会所有施設(現・生駒道場)を協会のご厚意で滞在させてもらう事に。一時滞在の予定だったが、生駒を拠点として活動を再開、現在クンダリーニヨガセンターとして、レッスンやワークショップを展開。
サダ・アナンド・シン・カルサはクンダリーニヨガ・マスターであるヨギバジャンの初期の生徒で、幸運にも40年間ヨギック・ライフスタイルを送り続けている。

クンダリーニヨガセンター/3HOジャパン http://3ho.jp/

4月23日(土)16:00-17:30

自らが平和な「存在」になるために

内面と外面の両面から平和をつくるということ。
平和について説くことは素晴らしいことです。平和について歌うことは素晴らしいことです。
人差し指と中指でピースの指をかざして平和と言うことは簡単です。
しかし、いかに「平和」を達成できるのでしょうか。
生き方に平和と忍耐強さを体現できれば世界に影響を及ぼすことができます。
このワークショップでは、まずストレスを解放し、力強い呼吸法を通してエネルギーレベルを上げ、オーラ(自己を取り囲む電磁波)を強化するためのクンダリーニヨガセットを行います。
次に、平和の輝きと光により、わたし達を包み込むマントラと音楽を活用して行う瞑想を行います。
難しいことではありません。自らが歩き、話す、平和の人間になることができるのです。
ヨガ経験の有無を問わずご自由に参加ください。マイペースで自己実在を体験してみましょう!

4月24日(日)9:00-10:30

内なる平和と喜びのために潜在意識を清掃しよう!

わたし達の多くは、人生における成功、喜び、平穏の体験を妨げる障害をマインドに抱えています。
過去の経験からくる怒り、恐怖、悲しみや鬱は潜在意識に蓄積され、夢や目標を実現することを難しくします。
心に平穏さがなければ、世界に平和を広げることも難しいのです。
この短いクラスでは、潜在意識に存在するネガティブな障害を除去する方法を学びます。
パワフルでリラックス効果のあるウォームアップのヨガセットを行ったあと、マントラ(真言)、ムドラ(手の形)と視覚化を活用し、人生の経路を転換する瞑想を行います。
ヨガ経験の有無を問わずご自由に参加ください。マイペースで自己実在を体験してみましょう!


佐藤 ベジ

ベジ宣材_座.jpegBORN TO YOG主宰・ダーマヨガ正式指導者・ReebokONEアンバサダー

近代ヨガの巨人ダーマ・ミトラ師の直弟子であり本部HPに名を連ねた非在米初のアジア人。怒濤のヨガクラス「BORN TO YOG」を考案し、ハイレベルで三時間しかも毎日というスタイルを確立。革新ヨガマット「YOG MAT」製造販売、アサナ8割TT「BTYTT」主催、魅せるヨガ「YOGA JAM」牽引、スタ誕企画「TOP GUN」プロデュースなど、活動は多岐に渡る。息抜きは太郎(長男)と過ごすスケボーの時間。vegetableyoga.com

4月23日(土)18:00-19:30

BORN TO YOG 雷(ベジダーマ)

佐藤ベジとともにすごす、とっておきのヨガ遊びの時間です。ヨギとしての生き方、逆立ちの簡単さ、ヨガを子供みたいに楽しむノリなどは、出すまいとしても溢れ出ちゃいます。

さて、非常に表現しずらいダーマヨガの特徴。でもだからこそ、NYに本部スタジオを構えるSri.Dharma Mitttra(ダーマヨガ創設者)の元に何度も何度も通い、そこにいる仲間と練習に励み、語らい、笑い合うことでしか身に纏うことができない “スタイル” があります。あえて言葉にするなら、それは、
「独特な体の使い方」(なにかと胸をオープンして、体を締めずに解放)
「逆立ち系ポーズの頻出」(さまざまなインバージョン系が随所に登場)
「ホールドが長い」(ちょっと痛い場所や挑戦的な姿勢で、長めにキープし自分の心身を観察)
「明るく賑やか」(ジョークはもちろん、雑談や笑い声が完全に肯定された賑やかな時間)
「とにかく上手くなる」(理屈でなくまずやってみることで、成長スピードは最速化)

要するにこれって、子供の遊び場。無邪気に、笑みをたやさず、大好きな友達と、でもやたら真剣に、時間を忘れ、我を忘れて、一心不乱にヨガに没頭する…

大人になるとまず先に気になることってありますよね?解剖学的なアプローチ、哲学的な到達地点、効率的に学びを進めるコツや秘訣などなど。この二人と遊ぶ際には、とりあえずそれらすべてを横に置き、このひと時を、ただ純粋にヨガを『楽しむ』ことだけに絞ってみましょう!勇気のいることです。慣れないことです。でもだからこそ。それ以外の結果は、意外なほど大きな収穫(気付き)とともに後から付いてくるかも知れません。あくまでオマケとしてね.


佐藤 朋

佐藤朋宣材_顔.jpegダーマヨガ正式指導者・マーサグラハムスクール修士・ReebokONEアンバサダー

四歳からクラシックバレエ、二十歳に渡米してからはコンテンポラリーダンスと、人生の大半をプロのダンサーとして過ごし、トニー賞受賞やニューヨークタイムズ掲載など称賛の声は枚挙にいとまがない。2005年に帰国してからヨガの指導を開始して以来、日本におけるダーマヨガ指導の第一人者として精力的な活動を続けている。いまだに自身の練習と上達を誰より楽しみながら、趣味として、暇さえあれば画用紙に絵を描いている。vegetableyoga.com

4月23日(土)14:00-15:30

BORN TO YOG 風(朋ダーマ)

佐藤朋とともにすごす、とっておきのヨガ遊びの時間です。美しく見える身のこなしや、片足バランスの奥義、女性がヨガに取り組む姿勢などは、必ずお伝えできます。

さて、非常に表現しずらいダーマヨガの特徴。でもだからこそ、NYに本部スタジオを構えるSri.Dharma Mitttra(ダーマヨガ創設者)の元に何度も何度も通い、そこにいる仲間と練習に励み、語らい、笑い合うことでしか身に纏うことができない “スタイル” があります。あえて言葉にするなら、それは、
「独特な体の使い方」(なにかと胸をオープンして、体を締めずに解放)
「逆立ち系ポーズの頻出」(さまざまなインバージョン系が随所に登場)
「ホールドが長い」(ちょっと痛い場所や挑戦的な姿勢で、長めにキープし自分の心身を観察)
「明るく賑やか」(ジョークはもちろん、雑談や笑い声が完全に肯定された賑やかな時間)
「とにかく上手くなる」(理屈でなくまずやってみることで、成長スピードは最速化)

要するにこれって、子供の遊び場。無邪気に、笑みをたやさず、大好きな友達と、でもやたら真剣に、時間を忘れ、我を忘れて、一心不乱にヨガに没頭する…

大人になるとまず先に気になることってありますよね?解剖学的なアプローチ、哲学的な到達地点、効率的に学びを進めるコツや秘訣などなど。この二人と遊ぶ際には、とりあえずそれらすべてを横に置き、このひと時を、ただ純粋にヨガを『楽しむ』ことだけに絞ってみましょう!勇気のいることです。慣れないことです。でもだからこそ。それ以外の結果は、意外なほど大きな収穫(気付き)とともに後から付いてくるかも知れません。あくまでオマケとしてね


清水 美早

清水みさ.JPG愛媛県出身。国立療養所愛媛病院付属看護学校卒業。  看護師として4年間脳神経外科に勤務。
2005年原因不明の腰痛・神経痛に悩まされ、多くの代替医療を試すなどした後、『ヨーガ』出会う。
“自然治癒力を高める”方法論について興味を持ち、それらを自ら実践し、病気を克服した。

自分が経験したことを多くの人に伝えたい!という思いから、予防医学の大切さを伝える仕事に転職。

2007年ハワイにYOGA留学。同年、帰国後PonoYoga~yoga school~を設立。

2010年9月~全米老舗ヨガブランド“HUGGER MUGGER”のアンバサダー・スワミフレンズとして現在も活動中。

ヨーガを通じて“幸せの輪”を広げ、個々にあったより良い人生を送るためのライフスタイル指導を目指し、現在は、ホリスティックヘルスコンサルタントとして、現在愛媛県を中心に活動している。

4月24日(日)15:00-16:30

Peaceful way of life~自然のリズムに沿う~

現代に生きる私たちは、あまりにも人工的な環境の中ばかりで生活しているため、自分の身体や感覚と対話する能力が萎えてしまっていると言われています。

ヨガは、幸せに生きるための方法論。
「自然の法則に沿った生き方が幸せになるために必要」だと教えてくれます。

自然との不調和は、身体と心のバランスを乱す原因になります。

自分自身を大切に…自然に沿った生き方をする…。

では具体的にどうやって自分の内側が発している声を感じていけばいいのでしょうか?

普段何気無く行っている仕草や動作にも必ず意味があり、生活の中で長年パターン化した癖も心身の健康に影響を及ぼします。

自分の人生をより自分らしく輝かせるために、今の自分の状態を知り、今の自分が必要としていることを見極め、実践する…。

それが自然の巡りに沿うことにつながります。

ヨガは生き方そのもの。日常に活かされてこそ意味があります。

この講座では、自分の内側から発せられる声の響きに丁寧に耳を傾け、日々の生活習慣(癖•パターン)を見直し、自分自身の心身のリズムをより良い状態へ調えていく知恵を実践も交えながら、分かりやすく紐解いていきます。


高尾 美穂

高尾みほ.jpg医学博士・産婦人科専門医  スポーツドクター
女性のための統合ヘルスクリニック イーク表参道 副院長

東京慈恵会医科大学大学院修了後、慈恵医大病院、東京労災病院 女性総合外来などを経て現職。得意分野は女性スポーツ医学、婦人科内分泌。イーク表参道では婦人科部門責任者として、女性それぞれのライフステージ・ライフスタイルに合った治療法を提示し、選択をサポートしている。また文部科学省 「女性アスリート育成・支援プログラム」のプロジェクトメンバーとして、女性トップアスリートを婦人科スポーツドクターの立場から支えている。
“女性のからだにおこるダイナミックな変化”を理解したうえで指導をすることの大切さを伝えるため、JOC加盟各種競技団体指導者、ヨガインストラクター、パーソナルトレーナーなどの運動指導者に対し講演・セミナーなどを担当している。
ケガをきっかけに2003年よりヨガの練習をはじめる。ケンハラクマ師に師事。IYC アシュタンガヨガプライマリーシリーズ指導者資格、日本マタニティヨーガ協会マタニティヨーガ指導資格などを持ち、ヨガ指導者への指導にも携わる。現代のストレス社会に生きる女性が抱える不調を、医師として西洋医学的見地から、またヨガ指導者としてヨガの見方からとらえ、“楽に生きていける方法”をそれぞれの方に合わせて提案することをライフワークとしている。
産婦人科医 高尾美穂のOfficial Blog http://blog.livedoor.jp/drmihotakao/

4月24日(日)13:00-14:30

ヨガを続けるみなさんに知っていただきたい女性のからだ

ヨガ
ヨガを続けていく上でご自身のカラダについて理解を深めたい方、女性に特化したヨガを指導する方、そしてパートナーとしての女性について理解したい男性にも、ぜひ知っておいていただきたい女性の身体と心のしくみについてお伝えします。
女性のカラダはホルモンの変動によってダイナミックに変化します。一生という単位で見ても、月経の1サイクルで見ても女性ホルモンについて知ることにより、すっきりと理解できるカラダやココロの変化はたくさんあります。また、その当時知っていたら良かったのに、となってしまってからしか知ることができない事実もあります。目からウロコ!なお話しもきっとあることでしょう。
男性の方にもぜひお聞きいただきたい内容です。

♦医者として、エビデンスに基づいた西洋医学から学んだ知識 
♦好きで続けてきたyogaから学んだ考え方 

その両方を体感してきた者だからこそお伝えできることってあるんじゃないか、と思いながら過ごしてきた私。
西洋医学の教科書では説明しきれない不思議なこと、このasanaで生理痛はよくなります とみんなに言いきれない理由。そのどちらもを感じながら、私は医者をしつつyogaをして、yogaをしながら医者をやってきました。
どちらが正しくてどちらは間違っている とするのではなく、私たちがより楽に生きていけるために、両者の良いところを選んでいけばよいのでは。私はそう思っています。


友永 淳子

友永院長_朝夜ヨガ.jpg68年東京女子体育大学卒業後、目白学園、台東商業高校、杉並高校教諭を経て、70年明治大学を卒業。77年渡印、シバナンダアシュラムにてヨーガ研修。78年友永ヨーガ学院設立。79年指導者養成コース設立。今日まで院長として指導にあたる。著書として、『母と子のヨーガ』(実技編・入門編)総合科学出版/『実践呼吸法』 働く人の健康づくり協会/『ヨーガ断食で美しく健康になる』 筑摩書房  訳書『プラーナヤーマの科学』スワミシバナンダ著 サンガ 『ヨーガ 幸福への12の鍵』 スワミチダナンダ著 東方出版/ 『きれいになれるヨーガ』 成美堂出版 監修 / DVD『友永式安産ヨーガ』、『友永式産後ヨーガ』、『友永式朝ヨーガ夜ヨーガ』監修、出演 他テレビ取材、雑誌新聞取材、監修記事多数。2016年日本におけるスワミ・チダナンダご生誕100周年委員。

4月23日(土)16:00-17:30

「生活がヨーガそのものになるように」

ヨーガが健康によいということは、大勢の皆さんに知られるようになりました。 

健康状態を向上させるのはもちろん、ヨーガの効果の大きな一つですが、その本質は、究極的には心のありよう、心の働きをコントロールすることです。心身の老廃物を流して、頑固なところを柔らかくすることで、人間の本性である、赤子のような、神様のような晴朗な性格を生きることです。

有り難いと感じられない、何でも当たり前と感じてしまう、失敗から逃げようとする、私のせいではないという気持ちは、人生を歩いていく上で、人を大きな困難に陥れます。

ヨーガをすることで、まず人は、そういった困難に当たってもひねくれたり、逃げたりすることがなくなります。自分の見たいものだけでなく、物事のありのままを見られるようになります。すると、自分が存在することが、なんと有り難いことなのかがよく分かって、人を、自分を、許す気持ち、慈しむ気持ちが湧いて、円く、満ち足りた気持ちでいることができます。

そのような至福感を日々味わうことは、心身の健康をさらに増強させるということも、最近の科学が伝えるところです。

毎日の生活をヨーガとして生きるためのヒントを織り交ぜて、気持ちよく身体を動かしたいと思います。

4月24日(日)09:00-10:30

「サマディーのお話」

私たちの中に働いている、あらゆるものに通じる根元の力。

いのちの中にある、けがれのない、純粋な気持ちが、テロリストにも、資本家にも、軍人にも、政治家にも、原発推進論者にも、原発反対論者にもあります。

そういったものを持っているのに、そういった気持ちを表せないのはなぜなのでしょうか。

それは、そういった純粋な輝きが幾重もの膜のようなものによって覆い隠されているからです。

その膜は何から出来ているかというと、どこかでこれが自分だと勘違いして羽織った、古い考えや、ちょっとした欲望、一言で言えばエゴから成ります。

そのエゴを満たすために、エゴにとって好都合な理由をいつまでも並べて、自分を守っている気になれるのが人間の悲しくも滑稽な一面です。

傍からみれば、「脱いでしまえば楽になるのに」と思わずにいられないものですが、それを、本人から見るには、旅に出たり、聖人に出会あったり、どうしようもない困難に直面したり、あるいは、ヨーガを行ずることが必要です。

ヨーガは、まず傍からみる」視線を鍛えます。さらに、アーサナや、プラーナヤーマ、マントラなどなどの行法を行い、血液が流れ、筋肉のこわばりが取れて、骨格が整い、神経伝達がよくなって、いわゆる覚醒した状態にいることで、自分の羽織っている膜がうっすら透けて、物事のありのままが見えてきます。

「自分の身体」という意識がなくなり、いろいろなものが鮮明に潔く見え、問いと同時に答えがすぱっと降って、生きていることが喜びそのもの、どこまでも浸透する自分を感じる。そんな時間にしたいと思います。


友永 乾史

友永乾史.JPG5歳のとき、母・友永淳子と父・友永勝英が友永ヨーガ学院を創立。9歳。留学中のインド人から、自宅にてヨガを教わったことが最初のヨーガ体験。10歳のころ、シバナンダ・アシュラムのスワミ・カーティケヤンジ、スワミ・ヨーガスワルパナンダジが自宅に3週間滞在。以来、スワミたち、インドのビジネスマンたちとの触れ合いの多い中育つ。高校卒業後2年のイギリス留学をはさみ、学習院大学を卒業。卒業後、インド、ニューデリーのソフトウェア会社に勤務。帰国後、友永ヨーガ学院の経営に携わる。第7期指導者養成コースを卒業し、同院経営の傍ら、学院本部、大学や自治体、健康保険組合、アルコール依存症回復施設等でヨーガ指導を受けもつ。現在同院副院長。

4月23日(土)14:00-15:30

頭立 虎の穴「虎穴に入らずんば虎子を得ず。」

虎穴に入らずんば虎子を得ず。

二本の足では立てるけど、頭で立つのは難しい。

でも、頭で立つことをいくつかの要素に分けていって、それぞれを練習することで、意外と簡単にできるようになります。

自分の中心の軸が伸びていく方向感覚と、肚を引き寄せる感覚を磨いて、土台をしっかりさせて、あとは身体の裏がしっかり伸びさえすれば、すとんと腰が上半身に載るようになるでしょう。

ヨーガに必要な集中する気持ち、いつも平静でいる気持ち、自分の内を見つめる眼も養える、素晴らしいアーサナ、シルシアーサナを皆さんで練習して、最後には、シバナンダアシュラムで唱えられている平和のお祈りをしたいと思います。

虎の子、必ず持って帰って下さいねー!


中村 尚人

中村尚人.jpg理学療法士として医療・介護分野にて臨床経験を積む中で、病気になってからよりも、病気にならないようにする事の重要性に気付き、予防医学の実現のためにヨガとピラティスのスタジオ「TAKT EIGHT」を立ち上げる http://www.takt8.com 。自らまとめ上げたピラティスメソッド「ファンクショナルローラーピラティス®」やウォーキング法「エボリューションウォーキング®」の指導者育成をはじめ、執筆活動、各種講演、日々の運動指導に携わる。

4月24日(日)15:00-16:30

「古典的ハタヨーガを体験しよう」

ハタヨーガはラージャヨーガに比べてよりエネルギー体に焦点を当て、アーサナやプラーナヤーマなどの実践を通して直感的に悟りを得ようというタントラの影響を強く受けているものです。近代的なヨーガの礎である古典を体験し、講師自らの体験を踏まえて、今私たちがどのような歴史の中でヨガと向き合っているかを整理できたらと思います。この講座でお伝えする内容はインドのカイヴァルヤダーマ・ヨーガ研究所で伝えられているものになります。http://kdham.com
参考図書 http://www.amazon.co.jp/ヨーガ・セラピー-スワミ-クヴァラヤーナンダ/dp/4393710657

・古典的なアーサナ解説と実践
・古典的なプラーナヤーマ解説と実践


PARK HEEKI パク ヒキ

heeki-portrait-vc.jpg日本生まれ在日韓国人。アメリカUCLAに留学していた1998年に初めてヨガに出会います。
2007年、‘思いやり’を通しての魂の自由を目標とするジヴァムクティヨガの創始者、シャロン・ギャノン師とデイビッド・ライフ師との出会いにより、バラバラだったヨガの知識の破片を一つに繋げ、探し求めていた調和の生き方としての深いヨガを学ぶきっかけとなります。

2008年ニューヨークにて300時間のTT修了後、ジヴァムクティヨガの正式指導者になりその精神を世界のヨギー達に伝え続け、現在アジア在住女性ジヴァムクティヨガ指導者では初めてのアドバンスティーチャー(上級指導者)の資格を持ちます。
2012年春,悟りへの食事法がテーマである 師匠のシャロン・ギャノン氏の著書「Yoga & Vegetarianism」を日本語で共同翻訳・出版しました。

常に動物達の幸福の為に活発に活躍されている先生がたの影響とその意思を継いで、Off the Mat Yoga (ヨガマットの外でのヨガ) の実践の一環としてHappy Animal Projectを立ち上げ、無意識的な人間により捨てられる動物達の救済の為に、微力ながらもヨガの先生としてできる様々なアプローチで、まだ現状を知らない方に自覚させるため努力しています。
アサナが出来ないような状況の方でもできるヨガは無いかと模索していた中、心を穏やかにする方法として聖なる図形を描き、色を塗る事で自然に瞑想状態に導かれる「Yantra Yoga ヤントラヨガ」に出会い、幼い頃から美大を目指して長い間勉強していた美術的な感性を活かせたヤントラヨガワークショップも開催しています。

日本語・韓国語・英語・スペイン語を話し、福岡のYOGABREEZEをベースに韓国などアジア各国、オーストラリア、スペインやドイツなどヨーロッパ各国のスタジオやヨガカンファランに免れ、師匠から受け継がれたジヴァムクティヨガメソッドを通したヨーガと幸福な人生への知恵を必要とする方々に謙虚に、そして楽しく,「自分自信が学びたいヨガ」を伝える事を心がけています。人種、国、言葉、年齢を越えたヨーガ(つながり)に対する情熱とポジティブなエネルギー、魂を高揚させるセンス良い音楽であふれる楽しいジヴァムクティヨガのクラスは受ける人をハッピーにさせると定評があります。
目覚めのきっかけと幸福に生きる知恵を教えて頂いたグルのシャロン・ギャノン氏とデイビッド・ライフ氏、今の自分がいるまでたくさんのサポートをしてくださった家族、友達、ヨガの生徒さんたちや自然に素直に感謝しています。

個人ウェブサイト:www.heekipark.com スタジオウェブサイト:www.yogabreeze.jp

*「Jivamukti Yoga|ジヴァムクティ・ヨガ」とは?
ジヴァムクティ・ヨガは、いつも忙しく心身のバランスを崩しがちで、本当の自分、何が人生で大事なのかを見失いがちな現代人の為に、ミュージシャン、アーティスト、ダンサー、活動家であるシャロン・ギャノン氏とデイビッド・ライフ氏によって1984年、ニューヨークで誕生、今はアメリカ、カナダ、南米、ヨーロッパにスクールがある、世界のヨギー達に愛され練習されている流派の一つです。
今ではヨガレッスンシーンでは一般的だか、当時は西洋で始めてヨガのレッスンにポップやロックなどの音楽を取り入れて行った現代ヨガのパイオニア的存在でもあり、音楽、ヨーガの哲学とアサナの絶妙な調和は Sting、Michael Franti、Mike D(Beastie Boys)などのアーティストや数多くのセレブリティーを虜にしています。
‘Jivamukti’の意味は ‘自由な魂’。その名には様々な偏見や先入観、人生の大半をかけて作り上げたパーソナリティやそれを守り抜く為のストレスから完全に自由になるヨーガの修練の目的が含まれています。自由で幸福な人生は、アヒムサ(Ahimsa:他人にむける言動、思考のレべルにおいて非暴力)の実践により周りの人々や生きとし生ける物全てが自由で幸福であるように最善を尽くす事。アサナスタイルである ‘Vinyasa ヴィンヤサ’は意識を持ってスタート時点から目的地までいく特別な方法と言う意味で、このヴィンヤサの練習は、自由で幸福な人生をゴールとし、それに向けて意識的に瞬間瞬間を生きる事に繋がります。

4月23日(土)12:00-13:30

ニューヨーク発、ジヴァムクティ・ヨガで「魂のダイエット」
‘Soul Diet’ with Jivamukti Yoga from NYC!

あなたはピュアな本当の自分のSoul(魂)についてしまった余分な物に気付いてますか?
それらにまず気付いて、一つ一つ省いて、完全に手放し自由になれる、「魂のダイエット」をしてみたいと思いませんか?
古代ヨーガの‘哲学’+‘ナダム (音のヨガ)’+ バクティ(献身のヨガ)+’瞑想’など幸福に生きる為の知恵とパワフルで楽しいヴィンヤサ・スタイルの ‘アサナ(ヨガのポーズ)’ が融合され、自分の本質と周りや自然との調和とつながりを見失いがちな人々を気付かせる為にニューヨークで生まれたジヴァムクティ・ヨガの独特な世界観は、現代人の心・体・魂を深いレベルで解放、調和へと導きます。
このレッスンでは、センスの良い音楽に合わせて行う心地良い呼吸と共に流れるように動いて行くジヴァムクティ・ヨガのシーケンスで気持ちよく汗を掻き ‘体の浄化 (Diet of Body)’、わかりやすく日常で実践できる座学で ‘魂に付いてしまった余分な物は何か!?’ について学ぶ ‘知性の浄化(Diet of Intellect)’、マントラのチャンティングで ‘マインドの浄化 (Diet of the Mind)’をめざし、瞑想で心をニュートラルにし、色んな偏見や先入観、生きている間作り上げたパーソナリティと確立させてきたアイデンティティーによって見えなくなってしまったピュアで、平和で、愛そのもである自分の本質に気付く至福の90分の ‘魂の浄化 (Soul Diet)’を体験する事ができる事でしょう。
ヨガの経験者、初心者、問わず「魂のダイエット」に興味ある方ならどなたでも歓迎いたします。
準備する物は「オープンハート♡」だけ!

4月24日(日)9:00-10:30

ジヴァムクティ・ヨガ「Easy Morning Flow」

日曜日の朝、ジヴァムクティヨガのチャンティングから始まるこのレッスンはベーシックなアーサナ達をメインに、心地よくシンプルな動きを繰り返して行い、だれもが付いていけるやさしいヴィンヤサ(Vinyasa)スタイルで行われます。
清々しい一日の始めとなる大事な時間を、優しく分かりやすい哲学も一緒に聞きながら、スムーズでイージーなジヴァムクティヨガのベーシック・フローに身を任せて動いてみませんか?
レッスンの後半はバクティ(Bhakti)ヨガの修行法である簡単なキルタン(Kirtan)も学び、心の浄化をもたらした上、静かに瞑想をします。
年齢・性別・ヨガ歴や現在修練中の流派等問わず、好奇心ある方ならどなたでもお気軽にご参加頂けます。



Pallavi(パラヴィ)よっしい

よっしい.JPG山口県田布施町のヨーガスタジオ「シャンティライフ」代表。
山口県内で生まれ育ち、山口県内で公立高校家庭科教諭として12年勤務後、ヨーガインストラクターへ転身。
ヨーガニケタンにてインド中央政府公認ヨーガ教師の資格を取得。ヨガ講師に専念。
•シヴァナンダヨーガ正式指導者(@インド・ケララ)•陰ヨガティーチャーズトレーニング 修了•ラフター(笑い)ヨガ リーダー養成講座 修了
•スリランカ・アーユルヴェーダ医学協会認定インストラクター•(公社)日本アロマ環境協会アロマセラピーインストラクター
現在は、地域の方にヨーガで心身の調和を図るお手伝いをさせていただいている。

4月23日(土)18:00-19:30

音霊(おとだま)ヨーガ

シンギングボウル、音叉、ティンシャ、カリンバ、コシベルなど、さまざまな楽器を使っての「音霊(おとだま)」演奏と瞑想的なインヨガを組み合わせ、響きのバイブレーションに身をゆだねましょう。
「音」をテーマに、ブラマリーのハミングで、空間全体を倍音に包んだり、ため息から始まる呼吸法とマントラを使って音を奏で、響く呼吸と声と身体を作ります。参加したみんなが一つになり、空間と一つになるクラスです。
ヨーガ初心者、インヨガ初心者の方にも、分かりやすく、くつろいでご参加頂けます。


ひかる

ひかる.jpgSivananda Yoga正式指導者。アーユルヴェーダ・ライフスタイル・カウンセラーアーユルヴェーダ・ヘルスコーディネーターアーユルヴェーダ・ヒーリングコンサルタント(日本アーユルヴェーダスクール認定)Ayurvedic Medicine Practitioner(米国補完医療大学発行)

国内外のファッションモデルとしての活躍中、ヨガと出会う。Josi Vallicherry、Francois Chaillou、Emil Wendelから様々なスタイルのヨガを学び、日々の自己練習から得た経験を多くの人に伝えていきたいという思いから、2002年よりヨガを教え始める。2003年~2013年10月までYoga-one東京を主宰。

2007年よりUnder the Light Yoga Schoolでシニアティーチャーとしてレギュラークラスを受け持つ。現在はティーチャーズトレーニングの講師も担当。早稲田大学オープンカレッジでハタヨガを指導。全国各地でワークショップやリトリートを行っている。
ヨガの勉強を深めるうちに、現代社会の一員として、また女性としての在り方に違和感を感じ、万人向けの生命科学であるアーユルヴェーダに答えを求めるべく、2009年よりKrishna.U.K.のもとでアーユルヴェーダを本格的に学び始める。
2011年9月、プラクティスルーム~Sadhana~ をオープンし、アーユルヴェーダの個人カウンセリングを始める。
2013年11月、活動の場をAyuSya(アーユシュヤ)に移し、ヨガとアーユルヴェーダの叡智を統合させたセルフケアの方法を提供する。

4月23日(土)10:00-11:30

本来の自分に出会うシヴァナンダヨガ

始めのマントラ、呼吸法、ポーズ、終わりのマントラという流れで進み、現代ヨガの父と呼ばれるスワミ・シヴァナンダ先生の愛弟子スワミ・ヴィシュヌ先によって作られたこのシステムは、忙しい現代社会を生き抜く人々が、前向きで健康的な生活を送れるように改良されたものです。
 ポーズで体の緊張や疲れをとり、呼吸法で心を穏やかにし、クラスの終わりの方ではガイド付きの瞑想をします。私たちひとりひとりが持ち合わせている本来の自分に向き合い、日常生活の中で充分に本領が発揮できるようになることを目指します。
全てのレベルの方におすすめのクラスです。

4月24日(日)11:00~12:30

ヨガ練習者のためのアーユルヴェーダ~時節に合った有益な暮らし方~

ヨガ練習者のためのアーユルヴェーダ~時節に合った有益な暮らし方~
 ヨガの練習を深めていくためには健康な体と前向きな心が必要です。そして実際に、私たちは毎日ヨガの練習以外の時間を多く過ごしています。
 私達をサポートする自然界にはリズムがあります。そして自然の一員である私たちの中にもリズムがあります。”体力”一つをとってみても、たとえ健康な時でさえ、一日、一年、一生の中で増減がありますから、不調の時はなおさらです。
 ヨガと姉妹関係にあると言われるアーユルヴェーダの叡智から、日常生活の中で、年齢、体質、季節、その時々の体調にふさわしく、自然界のリズムに同調した有益な暮らし方、食事のとり方を学びます。
 健康に興味のある方、ヨガをすでに練習している方にはもちろんのこと、これからヨガを始めたいと思っている方にもおすすめします。


向井田みお

実_みお_MG_0860.jpg2003年よりインド各地でヨガを学び、2005年からアドヴァイタ・ヴェーダンタ【一元論】学派指導者Swami DayanandaSarasvati師よりヴェーダーンタ、サンスクリット語を学ぶ。2010年4月―2013年10月、南インドのアシュラムにてサンスクリット語、『ウパニシャッド』、『バガヴァッドギーター』等経典と瞑想3年半学ぶ。帰国後、 聖典を学び続け東京・代々木UTL(アンダーザライト ヨガスクール)にてYoga哲学、瞑想のクラスを担当中著書:『やさしく学ぶバガヴァッドギーター』(YogaBooks出版)
『やさしく学ぶヨーガスートラ』(Yogabooks出版)『バガヴァッドギーターカード』(ヴィジョナリー・カンパニー)

4月23日(土)10:00~11:30

『ヨーガスートラ』から学ぶ、やさしいYOGAと瞑想

『ヨーガスートラ』から今を楽しく、自由に生きるためのYOGAと瞑想
のコンセプトを学び、実践していきましょう。

悲しいとき、苦しいとき、怒りや憎しみ、欲に心が混乱するとき、
どうやったらスッと楽に、心の安定と平和に保つことができるのか?
古典の経典に基づいてその解決法をみていきましょう。

簡単に『ヨーガスートラ』を確認した後は、心と体を緊張のパターンから解放するために、無理なく毎日できるやさしいYOGAと瞑想を実践してみます。
90分で学んだことを、これから先の自分の毎日に生かせる考え方と実践を一緒に確認していきましょう。


山岸知華

山岸ともか.jpg広島県広島市出身。「Yoga in the flow」主宰・講師
アンチエイジング、ダイエットのためにと始めたヨガ。その本質は、体のエクソサイズに留まらず、心にも、日常生活の在り方にも良い影響をもたらしてくれることを知り、ライフワークとなる。
カリフォルニア、南インドのシヴァナンダアシュラムやセンターに約6カ月滞在しながら学んだ経験がベースとなり、ヨガの教えのもと「心身共に健康に美しく、日々穏やかに楽しく」をモットーとした日常生活を実践。そこで得た気付きや、ヨガが与えてくれる心地よさ、強くしなやかに生きる智慧など、たくさんの恩恵を多くの人とシェアしていけるよう活動している。

4月23日(土)12:00~13:30

Release & Awakening -至福のシャバーサナへ-

シャバーサナ(屍のポーズ)とは、仰向けに横たわり、全身の力を抜く休息のポーズ。
それはとても静かで、意識はあるけれど、思考や身体の感覚はなく、平穏・至福に満たされた状態。

誰にでも出来る体勢ですが、実は「完全に力を抜く」「何も考えない」というその奥義に触れることが難しいと言われています。なぜなら私たちは、日々抱えているものが多過ぎるから。

大切なのは、何か得ようとするのではなく、手放していく意識。
アーサナ、呼吸法を通して、思考も感情も、体の緊張も、無意識に抱えているものを一つずつ意識化し、リリースしていきましょう。

最後に、神聖な宮島の、瀬戸内海が見渡せる大聖院・大広間という素晴らしいロケーションで、穏やかな静けさに包まれた至福のシャバーサナ、そこから目覚めるクリアーな感覚を味わって頂けましたら嬉しいです。
ヨガが初めての方、ご年配の方も、もちろん熟練者の方も、ご一緒に楽しんで頂けるクラスです。


吉川 めい

吉川めい.JPG01年アシュタンガヨガと出会い、06年日本人女性初のアシュタンガヨガ正式指導資格を取得。04年に雑誌YOGINIの表紙モデルに抜擢され、およそ10年間に渡りカバーモデルを務める。自然と調和のとれた生き方を追求する彼女のライフスタイルと活動は、ナチュラル志向の女性たちから熱い支持を受けている。09年には一児の母となり、11年、活動の中心の場としてコンセプトスタジオ「veda(ヴェーダ)」を東京・表参道にオープン。 身体的なメソッドだけに留まらない「ヨガの心」を伝え、共有する場として、健康やライフスタイル改善に関わる様々なプログラムのプロデュースを手がける。 初心者から経験者まで幅広く、現代人にわかりやすい形でヨガの道を解いていく等身大の指導スタンスで共感を呼び、日本のヨガ、健康、そしてライフスタイルを牽引し続けている。
12年コンシャスな暮らしを提案するオーガニックヨガ&カジュアルウェアブランド『VEDRUSS』を展開。『吉川めいのアシュタンガヨガ基礎レッスン』 (NHK出版)好評発売中!
http://maeyoga.com/
vedatokyo.com
vedruss.jp

4月24日(日)11:00-12:30

女性の健康とヨガ

このクラスではすべての女性に備わっている本来の身体性について理解を深めていけるよう、講話を中心に進めていきます。
また、ヨガの流派を問わず体験していただけるベーシックな呼吸とポーズの練習を通して女性の健康維持の鍵となる基礎を身につけます。身体的にカラダの軸を鍛えることが精神面につながっていくことや、心とカラダのメンテナンスに役立つこと。また誰にでも、どこでもすぐに実践できる「呼吸意識」について学び、生涯活用できるヨガの知恵を覚えましょう。

4月24日(日)15:00-16:30

ケン ハラクマ先生と吉川めい先生のコラボクラス!
太陽礼拝と呼吸と瞑想のワークショップ

万人に適す最も素晴らしいヨガポーズと言えば、太陽礼拝。このクラスでは、誰もができる、太陽礼拝のシンプルな流れを改めて詳しく紐解き、心地良くプラクティスできるようフォーカスします。たくさんのポーズ数をこなさなくても、じっくり深く、意識・呼吸・動作を一致させることで、まったくの初心者~経験者まで、静かで充実したヨガの体験を実感できるでしょう。
その後はケン先生による呼吸法の実践で、ヨガ後に循環がよくなったおカラダの中を流れる気の巡りをさらに清め、整えていくことで、静かに仕上げの瞑想へと導きます。


渡辺 純子

渡辺純子.jpeg2009年より、ビクターチャン氏の通訳を開始し、自身でも陰ヨガの指導を行う。
日本人では、いち早く「陰ヨガベーシック」「経絡シリーズ」「タオヨガ(陰陽ヨガ)」をビクター氏から学んだ一番弟子。さらに、通訳を通じて、指導の現場に最も接してきた講師でもある。東京や京都などで、ビクター氏の講師養成講座のフォローアップ講座も担当し、同氏の講師養成講座卒業生が、継続して学べる場づくりを担ってきた。日本人らしい、きめ細やかな指導に定評がある。
陰ヨガやどの流派のヨガも、楽しみながらプラクティスをしているヨガが大好きな講師。中医学を学んでからは、陰陽バランスを整えることが、日々の健康管理やライフスタイル探求の柱となっている。アロマセラピストとしても活動をしており、ヨガだけでなく、アロマセラピーにも五行思想を応用するなど、中医学の幅広い知識をもつ。自ら主宰のJunostyle~Journey to the Unique, Natural and Own way of lifeStyle~(http://www.junostyle.jp)では、陰ヨガやアロマセラピーを通して、日本人にとって、今とても必要な「陰のあるライフスタイル」を伝える活動をしている。

現在、シンガポール在住。現地のスタジオでも、陰ヨガを指導している。定期的に来日し、ワークショップや指導者養成講座を行い、引き続き日本での陰ヨガの指導を行っている。

ヨガアライアンス認定講師(E-RYT200)。ビクターチャン氏100時間陰ヨガ講師養成講座修了。
The Yoga Spaceマタニティ・産後ヨガ講師養成講座修了。英国IFA認定アロマセラピスト(MIFA9063)。

4月23日(土)18:00-19:30

春の陰ヨガ~陰ヨガでストレス解消!

新年度が始まって約1ヶ月が経とうとしてます。4月は、新しい環境でのお仕事をスタートさせていたり、お子様の新学期が始まったりなどで、そろそろ疲れやストレスを感じてきている方もいらっしゃるかもしれません。イライラ、倦怠感、不眠、頭痛、食欲不振、下痢、肩こり、月経不順など、ストレスによりさまざまな不調が現れやすい時期です。

春は、一般的に五臓の「肝」の気が盛んになりがちな時期です。精神面での乱れもさることながら、身体的にも自律神経の調整やデトックスの役割がある肝臓への負担も大きくなりがちです。一方で、春は芽吹きの季節。草木が陽気を取り入れながら、冬の間に蓄えたエネルギーを使って生長する時期です。自然界の一部である私たちのライフスタイルは、春の陽気とともに元気を出していろいろなことに挑戦したり、のびのびと自由でいることが大切です。

このワークショップでは、ストレス緩和を促す陰ヨガのプラクティスをします。さらに、簡単にできるプチストレス解消法もご紹介します。

4月24日(日)13:00-14:30

陰ヨガでデトックス~綺麗なカラダをつくりましょう!

健康維持には、十分な栄養を取ることも大事ですが、同時に、体を浄化し老廃物を排出する機能も大切です。私たちの体の中の細胞は、絶えず代謝を行い、活動をするためのエネルギーを産生しています。そのときに排出される老廃物は、血液中に流れ、汗や尿となって体外へと放出されます。陰ヨガのベース理論となっている中医学では、この汚れた血液を浄化することを「陰」の働きとし、その役割を担っている臓器は「肝」と捉えます。血液がきれいになることで、肌色もよくなり、体内の臓器も若さと健康を保つことができます。また、怒ったり、イライラするのも肝を傷つけるので、感情のコントロールも大切です。

中医学が教えてくれる養生法をもとに、内側から自然にキレイになるヒントをご紹介します。カラダのデトックスを促しとココロのバランスを整える陰ヨガのプラクティスをします。



blog.jpg

histry.jpg

album.jpg

volunteer.jpg